なぜ靴選びに失敗するのか。

なかなか履きよい靴を手に入れることができない原因は
いくつかのことが考えられます。

1. 足のサイズが非常に大きかったり小さかったり、足幅が極端に細かったり広かったり、趾の長さが不揃いであったりで(エジプト型趾先など)、店頭で合うサイズの靴が見つからないという場合。

2. お客様が、ご自身の足の特徴や正しい足のサイズ・幅をご存じなく、間違った靴選びを繰り返しておられる場合。(これは、意外に多く見られます。)

3. 足に変形があり、標準的な足を前提につくられている既製靴では、どれを履いても満足な履き心地は得られないという場合。

靴選びの手順

間違いのない靴選びの出発点は、お客様の足の特徴を見極めることです。
当店では、まず最初に、お客様の足の計測をさせていただき、必要であれば歩行の様子を見させていただきます。それらを参考にして、靴が合わない原因がどこにあるかを、お客様のお話も参考にさせていただきながら、探っていきます。
足の構造に問題がない(変形がない)場合には、計測結果を参考にして、在庫の中から適切な商品を選んで、試し履きしていただきます。必要があれば、微調整をさせていただきます。
サイズが極端に大きいとか小さいとか、幅が非常に細いと太いとかという場合には、当店の在庫では対応しきれない場合がございます。そのような時は、メーカーからの取り寄せで対処させていただいております。
お客様の足に変形が認められ、それが「靴が合わない」原因であると認められた場合、そして既製の靴に多少の調整を施すことによって満足な履き心地を得られると認められた場合、様々は方法で調整の作業を行わせていただくことになります。
「調整」の仕方は、お客様の足の状態により、簡単なものから、手間のかかることまで、実に様々です。

こんなケースの「調整」に対応しています。

1. どの靴を履いても、小趾が当たってしまい、タコなどができてしまう、という方がたくさんおられます。ご自身では足が太いから当たってしまうのだろうと考 え、幅広のぶかぶかの靴を選ばれることが多いようです。しかし実際足を計測してみると意外に細い足だということが非常に多いのです。そのような場合、適切 なインソールを挿入し後足部を安定させ、前足部の外ブレを減少させることによって、靴の中で小趾が当たることを防ぐような対処をさせていただいておりま す。

2. 母趾の巻き爪でお困りのお客様もたくさんおられます。その原因のほとんどは、合わない靴を履いていることだと考えられます。すなわち、エジプト型の趾先 (母趾が長い)なのに先の細い靴を履かれている場合、または幅広すぎる靴を履き、歩くたびに足が靴の中で前後に動いてしまう場合、ほぼこの2つが主な原因 と考えられます。適切な医療機関で治療してもらい、その後、適切な、ご自身の足型に合った靴をお薦めさせていただいております。

3. どの靴を履いても外踝(そとくるぶし)が当たってしまうという方も、しばしばおられます。そのような場合、靴内の踵部分に数ミリ厚のパッドを挿入して当た らないようにしたり、適切なインソールを使って踵のブレを少なくして当たらないようにします。外踝が当たってしまう主な原因は、踵の内反外反の動きが大き いからだと考えられるからです。

4. 医療機関で「足底筋膜炎」と診断された方も、しばしば来店されます。足裏の筋膜が痛くなったという方です。その原因は様々ですので、その原因を確かめて、それに見合った対処をさせていただきます。

5. 医療機関で「モートン腫」といわれたという方もしばしば来店されます。第3趾と第4趾の間の付け根部分が痛むことが多いようです。幅の細すぎる靴を履き続 けたことが主な原因の場合が多いようです。したがって解決策は適切な幅の靴に履き替えることです。応急策としてU字型のパッドを痛む部分に添付するなどし て対処しております。

6. 足裏の各所にタコができて困っている方、非常に多いです。母趾の外側にできている場合、第2趾の付け根下にできている場合、第2,第3趾付け根下に広範にできている場合、第1趾と第5趾の付け根下にできている場合、それぞれ原因が違い、対処法も違います。

以上、ほんの数例ですが、紹介させていただきました。心当たりのある方、ご興味のある方、ご来店をお待ちしております。より詳しいご説明ができると思います。
当店は、医療機関ではございません。しかし医療機関にかかるほどではない「足の悩み」に対処させていただいております。そういう意味で、皆様の『足病医』としてお役に立てればと願っております。
足の計測は、無料で行っております。ご自分の足の健康に関心のある方は、ご遠慮なく、「足の計測」をご依頼ください。
他店ですでに「足の計測」をしているという方も是非当店独自の観点での「足の計測」を試されてはいかがでしょうか。「足のお悩み」解決の新たな手がかりをご提供できるかもしれません。ただしご予約をいただければ幸いです。
ご自分の足の正しいカタチを知ることが、間違いのない靴選びの第一歩です。履きよい靴に巡り会えないとお困りの方、ぜひ一度ご来店いただきますよう、お待ちしております。